会社情報

  • Sunson Industry Group Co., Ltd

  •  [Beijing,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー
  • Main Mark: アメリカ大陸 , アジア , 東ヨーロッパ , ヨーロッパ , 中東
  • 輸出国:31% - 40%
  • 本命:GMP, ISO9001
  • 説明:フルーツジュース用キシラナーゼ,液体酵素,麦芽粘度を低下させる酵素
問い合わせバスケット(0

Sunson Industry Group Co., Ltd

フルーツジュース用キシラナーゼ

,液体酵素,麦芽粘度を低下させる酵素

ホーム > 製品情報 > 食品と飲料の酵素 > フルーツジュースの酵素 > 収量を改善するための果汁のキシラナーゼ

収量を改善するための果汁のキシラナーゼ

共有へ:  
    お支払い方法の種類: T/T
    Incoterm: FOB
    最小注文数: 100 Kilogram
    納期: 25 天数

基本情報

モデル: Nutrizyme XY20L

Additional Info

包装: ドラム

ブランド: 太陽の子

輸送方法: Ocean,Land,Air

原産地: 河北省滄州市

ポート: Shanghai,Tianjin,Qingdao

製品の説明

フルーツジュースのキシラナーゼは果物ジュースの収率向上キシラナーゼSunson XY20L。はじめに:キシラナーゼは、培養および抽出技術によってTrichoderma reeseiから作られる。この製品にはキシラナーゼなどが豊富に含まれており、植物のキシランをキシロースなどの低分子物質に効率的に触媒することができ、植物のタンパク質や糖を適切に放出し、飼料の利用率を高めることができます。キシラナーゼは、濾過を加速し、収量を改善するために、大豆タンパク質、デンプンおよびビールなどの処理に使用することができる。この製品は、品質の濃縮物であり、食品や飼料加工業界に適用することができます。

仕様/物理的および化学的性質
外観:低沈降性の液体
カラー:ブラウン
臭い:通常の微生物発酵臭
pH:3.0~7.0、最適値:5.0
活性温度:50〜80℃
酵素活性:≧200,000 u / ml

ユニットの定義
1単位のキシラナーゼは、キシランを加水分解して還元糖(キシロース中)1μgを1分間で得る酵素の量に等しい。 50℃、pH5.0で行った。

パッケージング
25kgs /ドラム

製品機能

ビール醸造業界向け
1、麦汁の粘度を低下させ、大麦またはトウモロコシの細胞胚葉からキシランおよびペントサンを効果的に分解する。
2、酵素の加水分解作用と麦芽ろ過速度を加速し、糖収量を増加させる。
3、効果的に製品の品質を向上させ、ビールの濁りを避ける。
4、特にビール技術の補助材料として使用される小麦ビールまたは小麦に使用される。

飼料産業向け
1、抗栄養因子キシランを劣化させ、食物の粘度を低下させる。
2、内因性酵素の分泌と活動を増加させ、栄養消化と吸収を促進する。短期間の獣の栽培期間
3、栄養物質を放出し、飼料利用率を改善する。
4、有益な細菌の成長を促進し、獣や鳥の腸管の病原体の繁殖を抑制して下痢を予防し、免疫力を高めます。
5、免疫と栽培の成功を起こし、N、Pの吸収を加速する。経済効率の向上と環境汚染の相殺。

ストレージ
涼しい、乾燥した場所、通気、高温を避けて保存する必要があります。

シェルフライフ
25℃で12ヶ月、活性は90%以上のままである;保存期間の後に投与量を増やす。

用量
100〜250g / t麦芽

安全性
酵素製剤は、感作を誘導し、感作された個体においてアレルギー反応を引き起こす可能性があるタンパク質に属する。長時間接触させると、肌、目、粘膜の軽度の刺激を引き起こすことがあるので、人体との直接的な接触は避けるべきである。皮膚や目に刺激やアレルギー反応があらわれた場合は、医師に相談してください。


私たちに関しては
会社概要:Sunson Industry Group Co.、Ltdは1996年に設立されました。21年の努力を重ねた結果、Sunsonは工業用酵素の探索、研究、製造、マーケティングに特化した大きな酵素企業に成長しました。研究開発センター1つ、応用研究センター1つ、近代的な製造拠点2つがあります。私たちは、食品酵素、動物飼料酵素、ベーカリー酵素、繊維酵素を提供しています。

製品グループ : 食品と飲料の酵素 > フルーツジュースの酵素

この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません
サプライヤーと通信?サプライヤー
Gao Ms. Gao
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する